So-net無料ブログ作成
検索選択

K★ 去勢後のこてつの変化 [ニャンコ]


にゃんこにらめっこ、いくよー

kotetsu01.jpg

わらうとまけよ、あっぷっ...

 

 

 

ぷー!

kotetsu02.jpg 
(笑) ブッサイク...



[猫] オネエ化決断


 室内1匹飼いだからメスネコと出会うこともないし、去勢手術はしなくていい!とずっと思っていました。
しかし、動物病院で話を聞いたりネットで調べていくと、次第に「こてつのためを思うのであれば、手術は必要」と考えるように。

メスがいようがいまいが必ずやってくる発情期。9~12月齢あたりからでしょうか。
こてつの意思とは関係なく、自然と身体の中から湧き上がってきてしまう欲求。しかしそれを満たすことは叶わず、どんどんストレスが溜まる一方となります。その欲求不満が引き起こす問題行動は、飼い主にとっても日々ストレスとなることでしょう。
マーキングのためのスプレー行為(部屋のあちこちにオシッコをかける)や、大きな声で鳴き叫ぶ(メスを誘うため?)など、マンション住まいのためご近所にも相当迷惑がかかります。

また、去勢をしない場合、生殖器関係の病気にかかる率が上がったり、ストレスが引き起こす病気になる可能性もアップするらしく、できるだけ長生きをして欲しいという家族全員の思いが一致、こてつがオネエになってしまうのを覚悟で(笑)決断しました。

タイミング的には発情期に入る前、月齢6ヶ月あたりがいいようです。 

 


[猫] 去勢手術当日 (生後6ヶ月、4ヶ月前)

 ちょうど生後6ヶ月目の日、動物病院で去勢手術をしました。(2016年3月12日
人間の勝手な都合で神聖なるニコタマ様を摘出してしまうわけですから、同性として後ろ髪を引かれる思いだったことは言うまでもありません。

「こてつ、すまん!」と頭をなで、カミさんと診察室を出て一時帰宅。夕方に迎えに行ったときには、傷口を舐めないようエリザベスカラーを付けられ、昨日までとは全く違う、しゅんとなったこてつがいました。タマタマがなくなり、小さくなった袋と痛々しい縫合の跡。摘出した「大豆もやし」のようなタマタマを見せてもらい写真に残す。

「ほんとにこれでよかったのか?」という、もやもやした思いも多少ありました。

 

 

[猫] 手術直後のこてつ (生後6ヶ月、4ヶ月前)


 自宅に戻って落ち着きを取り戻したのか、それとも、「ななっ、ない!?」と気づき、ショックが激しすぎたのか、慣れないエリザベスカラーも相まって全くもって元気なし。いつものやんちゃなこてつはどこへやら、見ていてかわいそうになるほどに。そんな日が数日続いたもよう。

ところがどっこい!
1週間後に私が帰宅してみると、元に戻ってる!エリザベスカラーなんてお構いナシ!深夜なんてお構いナシ!あちこちにガッツンガッツンぶつけながら、猛ダッシュで廊下を駆け抜けるやんちゃネコ。

こてつ完全復活! う~たまらん、もう一回タマ取りたい気分(笑)

 

 

[猫] こてつの変化 (生後10ヶ月、現在)


 どう表現したらいいでしょうか。
優しくなった?、落ち着いた?、大人しくなった?、これすべて当てはまります。

去勢手術前までは、やんちゃがひどく、みんなが寝静まった深夜でも廊下を駆けずり回り、各部屋でさんざん悪さをした後、猛スピードで走りこんできてはキャットタワーのテッペンに駆け上がり再出発。安眠妨害にたまりかね、とっ捕まえてケージにぶち込み、やっとおさまる。そういう毎日でした。
障子を破いたり、カミさんの手足を集中的に噛んだり(甘噛みのキツめやつ)。 心が折れ始めていたカミさんがある日、「オスを飼ったのちょっと後悔してる。メスのほうが良かったかも」と弱音を吐き始めるほど。

そんなこてつが、気付けば家族から常に、「か~わいい!」、「かわいすぎる!」、「めっちゃかわいい!」と言わしめるほどの変身を遂げたのは、やはり去勢手術のおかげでしょう。
常に誰かのあとを付いて行ってはそばに寄り添って横になり、頭や尻尾をすり付けてきては甘えてきたり、夜も満遍なく各部屋を回り、みんなにあいさつしてから眠りにつく献身的なネコに。やんちゃもほとんどおさまりました。

とはいっても、相変わらずカミさんの手や足を噛むのは治ってませんが(笑)(←カミさんが一番期待してたところ)

噛まれたときの「痛いっ!」という甲高い声が、こてつにとっては面白いんじゃないかなと思うんです。観察していると、他の家族はめいっぱい遊んでくれるのに、カミさんだけは抱いたりなでたりするだけで遊んではくれない。「ねぇ、遊ぼうよ!」っていうサインじゃないのかな?と勝手に分析しております。

我が家に来てから一度たりとも、マーキングやトイレ以外の場所にオシッコをするような粗相はないですし、もっと言えば、「こいつ、絶対A型だ」と思わせるほどの綺麗好き。家族の中で唯一B型の私が、また肩身の狭い思いをするわけで(笑) 

 


[猫] 去勢手術のススメ

 「やっぱりオスにしてよかった。」というカミさんの言葉からも、こてつの変化が垣間見えます。

本来オスは甘えんぼう、メスはマイペースなネコが多いと言われています。
ネコを飼うのが初めてのカミさんが夢見ていたのは、ひざの上で寝ているネコを優しくなでている風景。
のんびりやで、甘えんぼうで、癒してくれる、そんなネコが理想だったはずなのに、こてつといったら・・・

それがここにきて、理想の姿に近づきつつあるのです。(噛んでますがw)
朝も必ずゴロゴロのどを鳴らしながら、カミさんに頭をすりつけて起こしに行きます。(噛んでますがww)
そして食後は、ご飯をくれた人のそばに行き、感謝をしながら顔を洗うのです。(噛んでますがwww)

それがこてつの愛情表現なのでしょう。嫌いで噛むのではなく、 なんとか自分に振り向かせたい一心なんでしょうね。かまって欲しいんだろうと思います。嫌いだったら寄り付きもしないでしょうし。
カミさんもタフになり、最近は動じなくなりました。

ということで、その点以外は全てよい結果になっている気がします。
しいて言うならば、発情のためのエネルギーを使う必要がなくなったため、そのエネルギーが体に蓄積され太りやすくなっているようです。最近ちょっとだけ、おなか周りが膨らんできたかなと。

我が家のアイドルに長生きしてもらうために、これから健康管理にも気をつけないとね。

(^_^) 

 

2016/7/12 : 生後10ヶ月目(人間に置き換えると16歳、高校1年生)


nice!(7)  コメント(6) 
共通テーマ:blog

nice! 7

コメント 6

くまら

うちも、避妊(でいいのか?)した後は
やっぱり太ると言われ、食事制限など言われましたが
1日5食(朝・昼・晩・晩飯後のおやつ・寝る前のおやつ)と食べてますが
太ってない!(体重測ってないけど)と思います
近所に、オスの野良が来ますが、完全無視してる様を見ると
やっぱり避妊してよかったのかな?と思いますが
たまに、相方に求愛する事が・・・(汗)

因みに、2枚目の様な写真撮ろうとすると
飼い主連の手は血まみれになること間違いないっす
by くまら (2016-07-12 23:41) 

みち

子供に戻る、とは聞きますが、そんなに変わるものなんですね。
細い牙が可愛らしい、、、でも噛まれると痛そうです。
いつまでも、ALBERTさん家の可愛いアイドルですね♪
by みち (2016-07-13 00:49) 

Rchoose19

生後10か月でもう16歳なんですねぇ~♪
一番難しい年頃だわぁ・・・・
歯が結構するどいので、噛まれたら痛そうです・・・・・><
最近ネコちゃんは流行のようですね。
イヌ派の私も散歩しなくて済むから飼うならネコかなぁなどと
宗旨替えに傾いております。
でも、きっと飼えないなぁ・・・・・(T_T)
by Rchoose19 (2016-07-13 12:57) 

ALBERT

くまらさん/
雫ちゃん太らないですか?体質の問題ですかねぇ。
こてつを上から見ると、少し腹回りが膨らんだかなって感じです。
奥様に求愛?旦那さま、複雑ですね(笑)
by ALBERT (2016-07-27 22:54) 

ALBERT

みちさん/
優しく、おっとりになりましたね。落ち着いてて、いつも寝てる感じです。
私は噛まれても痛くないんですが、それはやっぱり、とーちゃんのことが
一番好きなんだろうと勝手に思ってます(笑)
by ALBERT (2016-07-27 22:57) 

ALBERT

Rchoose19さん/
そうなんですよ、大きくなるの早すぎ!
両手の上に乗るサイズなんて、ほんのちょっとでしたね~。
でも、やっぱり動物は癒されますわー。
いやなことがあっても、こてつの顔見たら乗り越えられますもん。
大事に育てて、長生きさせてあげないとな、と思ってます(^^)
by ALBERT (2016-07-27 23:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。